小学校受験のために幼児教室に通わせよう│その選び方を知ろう

男の子

準備段階での注意点

二人の女の子

大阪で小学校受験を控えているお子さんをお持ちの保護者の方がいると思います。大学までのエスカレーター式に進学できる小学校の場合、ある意味では子どもの将来がかかっているといっても過言ではありません。ぜひとも大阪の有名小学校の入学試験に合格したい場合、小学校受験の直前まで気を抜かないことが大切です。まず、前日には忘れ物がないかを入念に確認することが大切です。受験準備に追われて忘れ物をしてしまうと、試験官に悪い印象を持たれてしまいます。試験当日に準備すると、何か買い忘れているものなどがあると大変です。できるだけ数日前から準備を初めて、前日には全てが揃っているという状態がベターとされます。また、持ち物以外にも子どもの体調管理にも気を付ける必要があります。試験の当日に体調を崩してしまうと、子どもが試験で本領を発揮できずに残念な結果に終わってしまうことがあります。そのためには、1周間前からの体調管理では遅いかもしれません。受験が決まった段階で早寝早起きなどの生活習慣と調えて、万全の状態で試験に臨むことが大切です。子どもだけに規則正しい生活をさせても長続きしないという考えもあります。そのため、保護者の方も子どもと一緒に生活習慣を調え、生活リズムを合わせてもあげることが大切です。もし試験項目に面接があるときは、生活習慣について質問されることがあります。子どもはウソをつけないとされています。たとえ偽りの回答をしたとしても、ウソが下手なことが多いので、下手にウソをつくと面接官に見透かされることが多いようです。したがって、生活リズムを安定させ、早寝早起きをすることで心身ともに健康的になることが大切です。

教育方針を考えよう

教育

自由が丘でお子さんを幼児教室に通わせたいと考えている場合は、できるだけ自分の教育論と教室の理念や教育方針が合致するところを選びましょう。早期教育は早く始める方がいいとされているので、教室選びを失敗すると大変です。

詳しく見る

大手か個人経営かの違い

女の子

幼児教室を選ぶときは、教室による違いで教育方法が変化するので、お子さんに合っている教室を探すことが大切です。大手ではどこに通っても同様の質の教育を受けることができ、個人経営では地域密着型の授業を受けることができます。

詳しく見る

役所で聞いてみよう

男の子

福岡の認可保育園の詳細を知りたい方は、役所に行って聞いてみることが大切です。認可保育園は家庭の所得に応じて保育料が定められるため、とても人気があります。また、園児に対して先生の数が決められている点が特徴です。

詳しく見る

勉強を進める

日頃からしっかりとスケジュールを立てて、勉強を進めることが効率的に知識を定着させるコツだといえます。自分で参考書を購入して勉強したり、塾に通うなどすると良いでしょう。

詳しく見る